【サッカー人気2位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

浦レポ by 浦和フットボール通信

選手たちはどのポジションでプレーしているのか 激戦区や工事現場はどこに

(Report by 轡田哲朗)

2つのポジションに入る選手がほとんど

浦和レッズは1月25日から沖縄県でトレーニングキャンプを実施している。27日の午前までに5回、ピッチ上でのセッションがあったけれども、その全てでフォーメーションに選手を立たせて行うものがあった。

ただでさえ入れ替えの多かったオフなので、競争の激化したポジションや“工事現場”に見えるようなポジションも存在する。いずれにせよ、初日のトレーニング後に西川周作が「一人二役と言いますか」と、複数のポジションでプレーする選手が多いことを示唆していたけれども、それは現実のものになっている。それをポジションごとに少し整理したい。

初日のレポートで記したように、右サイドバックを高い位置に押し上げて3バックに変化して攻撃を組み立て、守る時は4バックになっていくというのが今の時点でのベースになっているので、それが少し伝わるような中間ポジションにマークを置きつつ、どのようなタイプの選手たちが入っているかを記載してみた。

(残り 3884文字/全文: 4317文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック