【サッカー人気2位】【山雅探報】岡山に惨敗の復帰戦で存在感…

浦レポ by 浦和フットボール通信

武田英寿がプロ2年目で魅せる!2戦3発に「攻撃面はすごくやりやすい」

(Report by 河合貴子)

沖縄SV戦に続き、水戸戦でも2ゴールと決定力をみせる

気温23℃と一足早い春の訪れを感じられる沖縄キャンプ9日目は、水戸ホーリーホックとのトレーニングマッチが45分×3本で行われた。

浦和レッズ 4-3 水戸ホーリーホック
1本目 2-2(1分杉本、9分失点、30分武田、32分失点)
2本目 2-1(19分失点、21分武田、46分明本)
3本目 0-0

メンバーやアシストなどの詳細はお伝えすることができないが、トレーニングマッチの雰囲気を現地入りしている浦レポの轡田氏の記事で感じてほしい。

「去年はなかなか試合に絡めずに結果も残せなかった。今年は得点!一番は得点を決めて、たくさん試合に出て勝利に貢献できるシーズンにしたい」とプロ2年目の抱負を語ったのは武田英寿選手であった。特に目標とするゴール数は決めていないそうだが「獲れるだけ、獲りたい」とゴールへの貪欲さを見せていた。

その気持ちの表れからか、今シーズン初の対外試合となった沖縄SVとのトレーニングマッチでも1ゴール決め、今日の水戸戦でも2ゴールと好調さをしっかりと結果に残している。

(残り 1944文字/全文: 2419文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ