【サッカー人気5位】5枠交代はJリーグを潰すのか? レノフ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

武田英寿が”後輩”の藤原優大にあえて厳しくする理由【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

浦和の未来を担う覚悟も

浦和が掲げる『3年計画』の2年目。リカルド・ロドリゲス監督を招聘して、新体制の下でスタートしたが、浦和の未来を担っていく選手の一人であった橋岡大樹選手がスキルアップを求めてベルギーリーグ1部のシント=トロイデンVVに期限付き移籍した。いつかは海外へと挑戦するだろうと思っていたが、西野TDが「チームとしては、決して理想的なタイミングではありませんでした」とコメントしていたとおり、浦和としたら決してベストなタイミングではなかった。しかし、橋岡選手には『浦和魂』をベルギーの地で見せつける活躍を期待したい。

「大樹君(橋岡選手)には、1年目からすごくお世話になってきた」と感謝の気持ちを言葉にしたのは、武田英寿選手であった。

(残り 877文字/全文: 1212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック