【サッカー人気5位】5枠交代はJリーグを潰すのか? レノフ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド・ロドリゲス監督、長谷川健太監督の開幕戦に向けてのお互いの狙いとは

2月26日(金)に開幕を迎えるJリーグは、全国の新型コロナウイルス感染状況ならびに首都圏の緊急事態宣言継続下において、毎年開幕前に開催されていた「Jリーグキックオフカンファレンス」は開催が見送られて、各開幕カードごとのオンラインによる記者会見が実施された。2月27日(土)に14年ぶりにホームでリーグ開幕戦を迎える浦和レッズは、FC東京を迎い入れての一戦となる。まず、両チームの監督が開幕に向けた意気込みを語った。

リカルド・ロドリゲス監督
「開幕戦は大きな期待がある試合だと思っています。自分にとっても新しいチームと素晴らしいスタジアムで開幕を迎えることが出来て嬉しいです。サポーターの方々は大事な試合で、コロナで制限がある中で来てくれた方々に最高のショーを見せることが出来ればと思っています。その中で、良いプレーをして、そしてコレクティブなサッカーをして勝ち点3を獲れればと思っています」。

長谷川健太監督
「非常に難しい相手と開幕戦のカードになったと思っています。新監督を迎えて浦和も今季にかける想いが強いと思いますし、何より浦和のホームということで、プラスαの力が浦和の方にはプラスになると思っています。その中で我々は埼玉スタジアムに乗り込んで、自分たちのアグレッシブなサッカーをどこまでしっかりと表現できるかどうか。開幕戦なので難しい試合になると思いますが、しっかりと戦って、勝利を目指してみんなで戦って勝ち点3を獲りたいと思います」。

(残り 817文字/全文: 1436文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック