【サッカー人気3位】清水と浦和に「ロジック」を植え付けたロ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

開幕FC東京戦に向けてのトレーニング 開幕スタメンは謎のベールに包まれる【練習レポ】

(Report by 河合貴子)

興梠慎三も順調に回復

Jリーグ2021シーズンの開幕が迫る中、オフ明けの練習はかなり身体を追い込む練習内容と共にハーフコートでのゲーム形式ではメンバーを入れ替えながら共通意識を高めていた。雲一つ青空が広がり、北風がグラウンドを駆け抜ける典型的な冬型の天候の下で練習が始まった。

残念ながら西大伍選手の姿はなく、先週まで順調な回復姿をみせていたトーマス・デン選手はアップの途中でリタイヤして別メニューの調整となった。さらに宇賀神友弥選手もアップの途中で別メニューの調整だ。ただ、宇賀神選手の場合はステップワークをしている姿を見るとそんなに大きな問題を抱えているようには見えなかった。宇賀神選手は「開幕絶望!て書いておいて~」と走り去っていったが、「1ゴール2アシストお願い」と声を掛けると笑顔を見せていたので、開幕戦に合わせてうまく調整しているものと思われる。

(残り 1216文字/全文: 1607文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック