現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

伊藤敦樹「埼スタで赤いユニフォームを着てプレーするのは小さい時からの夢だった」【試合後選手コメント】


伊藤敦樹選手

開幕スタメンが決まった時は素直にうれしい気持ちと、埼スタで赤いユニフォームを着てプレーするのは小さい時からの夢だったので、嬉しい気持ちが一番でやってやろうという思いでした。90分通して自分のプレーは前半は緊張もして、ボールタッチの所で簡単なミスもあったが、守備の部分や攻撃の部分ではサイドを変えるプレーなど思ったよりできた部分もあったと思います。もう少しゴールに直結できるプレーが出来たら良かったかとは思います。

自分もバランスを気にしてやっていますが、阿部さんは自分を気を遣って、バランスを取ってやってくれているので、自分はポジションをしっかり取っていますが、そこまで気を遣わずにやっていて、後ろの4枚も経験がある選手で声をかけてくれるので、自分としてはやりやすい感じがします。

(残り 575文字/全文: 920文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ