【サッカー人気1位】「金」では買えない強さがある。クソすぎ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

3分かからず出た1つの形 相手が教えてくれる良い攻撃のやり方【轡田哲朗レッズレビュー/J第1節FC東京戦】

(Report by 轡田哲朗)

スタメンだけを見ても、新旧の融合があった

浦和レッズは27日のリーグ開幕戦で、FC東京と1-1で引き分けた。2007年シーズン以来のホーム開幕は、リカルド・ロドリゲス新監督の初陣ということでも注目を集めた。そのゲームは阿部勇樹がセットプレーのこぼれ球を押し込んで先制したものの、FC東京の森重真人にフリーキックを頭で合わせられて失点。結局、セットプレーの1点ずつで引き分けることになったが、阿部の「やはりチームが勝たないと良いスタートとは言いづらいです」という一言があった上での、「監督のやりたいサッカーをみんながそれぞれ理解してきた中でそういったシーンが多く出せましたし、やっていて楽しいと思いました」というのは、過不足なくこの試合を表しているような気がしている。

スタメンを見ると、伊藤敦樹はルーキーとして2010年の宇賀神友弥以来となるリーグ開幕戦でのスタメンを勝ち取った。移籍加入の選手も明本考浩と小泉佳穂の2人がスタメンに名を連ね、それもJ1からの移籍ではなくJ2からの移籍だった選手だから、より新鮮味があったかもしれない。その一方で、伊藤敦樹とダブルボランチを組んだキャプテンの阿部はシーズン中に40歳になる年齢で、それこそ2007年の開幕戦を知る選手だ。最終ラインの4人とGK西川周作はいずれもJ1での経験が非常に豊富。FC東京の森重は試合後に「ディフェンス陣はいつものメンバーでベテラン勢が支えて、前線のところで若手が躍動する。そういう新しいレッズが垣間見えた気がした。攻撃的な選手が多いので、攻撃サッカーとなると力を発揮すると思った」と話したけれども、その言葉はメンバー構成の本質をついているように思う。

開始3分を前に出た今季の狙いが共有された攻撃

それで、どんな感じになるかなと立ち上がりを観察していると、3分と経たずに1つ狙いとするものが凝縮された場面が現れた。中盤のやや右サイド寄りで小泉がファウルを受けたところから始まったマイボールシチュエーションは、さほどプレッシャーなく左サイドのライン際でベタ張りした汰木康也のところまでボールが回っていった。

(残り 2226文字/全文: 3124文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ