【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

浦レポ by 浦和フットボール通信

藤原優大は左眼窩底骨折で全治約4週間

3/2(火)、ルヴァンカップ・湘南戦で負傷をした藤原優大選手は、試合終了後、病院受診および精密検査で脳震とうは否定され、脳に器質的な問題がないことを確認。怪我の診断の際にも脳に異常のないことを再確認したと浦和レッズが発表した。

また、怪我の診断名は左眼窩底骨折で、3/5に手術を行い、全治まで約4週間の見込みとなった。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ