0‐7の処方箋(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督「ありとあらゆる部分が成長しているのかなと思います」【鹿島戦 試合後両監督コメント】

リカルド・ロドリゲス監督

前半はすごく良い入りができて、良い攻撃が出来て相手のゴール前に迫ることができた。残念なのは終了間際にリードして終わる所で失点をしてしまったが、その失点も後半に向けてさらに引き締めるキッカケになったかとも捉えることができます。

後半に関してはPK以外の所でも得点が取り消される場面がありましたが、そういったチャンス、ゴールシーンを作れていたので良かったと思います。攻守ともに、ディフェンスの所もしっかり固く守れることが出来たと思います。セットプレイで危ない場面もあったが、そこも耐えることができました。

すごくコンプリートな試合が出来たと思うので、パフォーマンスを含めて良かったので、これを基準に進んでいければと思っています。

(残り 1734文字/全文: 2056文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ