0‐7の処方箋(J論)

浦レポ by 浦和フットボール通信

橋岡大樹が鈴木優磨の今季15点目を演出!STVVが残留確定に向けて大事な勝点3を獲得

橋岡大樹選手が所属するベルギー1部リーグ、シント=トロイデンVV(STVV)は、リーグ第32節に、ホームにメヘレンを迎え入れた。第31節ベフェレン戦は、チーム内に新型コロナウイルス感染症の陽性者が7名以上出た影響で延期され、その後代表ウィークに突入した結果、約1ヶ月ぶりの公式戦となった。

試合は11分、サイドチェンジに抜け出した、橋岡選手のクロスに鈴木選手が合わせてネットを揺らした。鈴木選手の今季15点目は、勝利が必須なゲームで待望の先制点。

その後、追加点も決めて、試合終了のホイッスルまで身体を張って戦い抜いたSTVVが2-1で勝利。1部残留確定に向けて、大事な勝点を獲得した。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ