【サッカー人気2位】ユンカーのプレーから予想される起用法、…

浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督が3連勝で攻撃面でも改善の兆しを感じている所とは

(Report by 河合貴子)

4連勝を目指してセレッソ大阪に挑む

リーグ中断明けで迎えた鹿島、清水、徳島の3連戦を勝利で飾り、2年ぶりに浦和の3連勝をもたらした指揮官リカルド・ロドリゲス監督。「選手たちの理解が深まってきている。これが出来れば、どの試合でも勝つ可能性が生まれてくる」と自信にみなぎっていた。

3連戦の最後に対戦した徳島とは、武田英寿選手の負傷もありゲームプランが崩れてしまい、明らかにチームの完成度が違い苦戦をしいられた。だが、起死回生のCKから関根貴大選手のゴールが決まり劇的な勝利を収めた。

「徳島は、4年間戦ってきた相手を引き付けてプレーするスタイルだった。前半は、ヒデ(武田選手)が怪我をして、急遽形を変えることになって少しチームに戸惑いがあった。支配することもできず、自分たちがイライラする場面があったと思う。後半に入ってからは内容も良くなった。前からプレスを掛けることもできましたし、ボールを保持することもでき、相手に危険な場面を作らせなかった。やりたい形にもっていくことができた」と徳島戦を振り返った。

リカルド監督が徳島戦で評価をしたのは、前線からのプレスの掛け方であった。「あまりポゼッションができない試合だったが、力強いプレスがずっと掛かっていたと思う。前からプレスを掛ける。相手にチャンスを与えないことが出来てきている」と嬉しそうに話した。苦しい試合展開でも我慢強くプレスを掛けることで、無失点で徳島の攻撃を抑えたことは大きな自信になっていた。

(残り 1456文字/全文: 2092文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ