【サッカー人気2位】西のビッグクラブから届いた獲得オファー…

浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督「難しい試合だったが勝ち点1を得たのは大きなこと」【名古屋戦後 監督コメント】

リカルド・ロドリゲス監督

難しい試合になったと思います。ただ相手が上の順位につけている名古屋が相手と考えると引き分けも悪いものではなかったと思います。前半は相手にチャンスを作られる形があって、なかなかうまいようにボールが回らなくて、後半は前半に比べると握る時間や落ち着く時間があったのかなと思います。

我々のチャンスも汰木からのクロスだったり、関根がボールを奪ってからのカウンターからの攻撃でした。名古屋はポストに当てたシーンだったり、どちらかというと大きなチャンスは名古屋の方が多かったのかなと思います。このような固い試合の時にどっちが勝ってもおかしくない試合だったので、ディティールが勝敗を分けるような試合でしたので、上位にいる名古屋に対して、勝つことは出来なかったですが、勝ち点1を取ることが出来たのは、大きなものだったと思います。

(残り 1638文字/全文: 2005文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ