【サッカー人気2位】U-24日本代表についての雑感 -メキ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

オフにエアロバイクを115キロこぐ リカルド監督が自身も身体を動かしている理由【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

将来はトライアスロンの大会に参加したい

コロナ禍の影響や東京オリンピックの関係上で今シーズンは、本当に不規則な過密日程となっている。インターナショナルマッチウィークとなり、ようやく一息を入れられたがYBCルヴァンカップ・プレーオフステージと天皇杯の3連戦が待ち受けている。

選手たちは、2連休で心身共にリフレッシュをしてこの3連戦に向けた練習に取り組んでいた。だが、リフレッシュをしたのは選手たちだけではなかった。リカルド・ロドリゲス監督もしっかりとリフレッシュしていた。

リカルド監督は「メンタル的には、リフレッシュした」と苦笑い。なんとオフ日に、エアロバイクを4時間半ほどこいだのだ。距離にすると約115㎞。浦和から熊谷までが約40㎞と考えると、直線距離にすると日光や富士山ぐらいとなる。「疲れました」と思わず苦笑いするリカルド監督であった。徳島の監督時代には、海でよく泳いでリフレッシュしていたそうだ。

(残り 1154文字/全文: 1569文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ