【サッカー人気4位】鈴木彩艶「自分のミスから失点がうまれて…

浦レポ by 浦和フットボール通信

大久保智明が得意のドリブルで状況打開の活躍 リカ監督も「今日の試合で重要な存在だった」と評価【河合貴子 試合のポイント/天皇杯2回戦富山戦】

(Report by 河合貴子)

ユンカーの1点を守って3回戦に進出

試合終了を告げる高らかな笛がスタジアムに鳴り響くと、ピッチには「勝者」「敗者」の明暗に分かれるトーナメント戦。カテゴリーに関係なく、日本一の座を目指して、一戦、一戦、死力を尽くして這い上がっていくのが天皇杯だ。YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ神戸戦から中2日と過酷な日程であったが、浦和の聖地である浦和駒場スタジアムで天皇杯2回戦・カターレ富山戦に挑んだ。

3-5-2の富山は先手必勝と言わんばかりにキックオフと共にアグレッシブな姿勢を見せてきた。だが、浦和も4月21日に開催されたYBCルヴァンカップ・グループステージ横浜FC戦以来の出場となった大久保智明選手が、カットインからシュートを放ち気迫を見せた。そして、徐々に浦和が主導権を握り始めると、富山は両ワイドの選手が下がり5バックとなり、前線からプレスを掛けてDFをラインを押し上げてコンパクトな守備を形成してきた。

17分には、西大伍選手、小泉佳穂選手、田中達也選手のトライアングルで右サイドを崩し、田中選手のクロスはDFにクリアーされるも、こぼれ球を拾った小泉選手のシュートは西部洋平選手に、跳ね返りを狙った大久保選手のシュートもゴールまで身体を張った守備ブロックにあいゴールネットを揺らすことができない。

この富山のゴール前での堅い守備が浦和を苦しめることになった。カウンターやCKで先制点を狙う富山にヒヤリとさせられるシーンはあったものの、浦和も粘り強く攻撃を仕掛け、38分には大久保選手が狙った直接FKのこぼれ球の流れから、阿部勇樹選手がミドルシュートを放つも僅かにゴール右に逸れてしまう。

42分、山中亮輔選手の左CKをペナルティーアーク付近の西選手へと変化をつけ、さらに左サイドの小泉選手、山中選手とパスを繋いで揺さぶりをかけてクロスを入れると、ファーサイドに合わせた岩波拓也選手のヘディングシュートはクロスバーに直撃。先制点を奪えないまま、前半をスコアレスで折り返すことになった。

後半も主導権を握った浦和は厚みのある攻撃を仕掛けていくが、富山は西部選手を中心とした守備が崩れない。小泉選手のスルーパスに抜け出した田中選手のマイナスのクロスに大久保選手がシュートを放つも決められず。相手陣内でパスミスを誘う田中選手のプレスからインターセプトし、大久保選手が西部選手を交わしてマイナスのクロスを小泉選手へと送るも、姫野選手が執念で阻止。浦和は決定機を生かせない。

虎視眈々とゴールを狙う富山は、右サイドから途中出場の椎名選手が入れてきたアーリークロスがふわりとDF裏に落ちてゴールに向かってきたが、ここは西川周作選手が集中力を切らさずにファインセーブをみせた。

1点が本当に遠い試合になってしまったが、遂に富山の牙城を崩す時が訪れた。80分、大久保選手の武器であるドリブルが炸裂!相手のプレスに合いながらも勇猛果敢に攻め込み、キャスパー・ユンカー選手へ。パスはわずかにずれてしまったが、そこを巧くコントロールしたユンカー選手の左足のボレーシュートが決まった。

富山も最後まで諦めない姿勢を貫くが、浦和はしっかりとボールをポゼッションして1-0の完封勝利で天皇杯3回戦の進出を決めた。

お互いの狙いの中で、勝負を分けたポイント

(残り 1513文字/全文: 2886文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ