【サッカー人気2位】【インタビュー】樋口靖洋監督「武田と金…

浦レポ by 浦和フットボール通信

悩んでいた小泉佳穂に響いた柏木陽介からの言葉とは【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

先輩の経験から得た言葉

J2のFC琉球から浦和へと移籍してきて、初めてのJ1の舞台でも臆することなく本領を発揮している小泉佳穂選手。移籍してきた当初は「戦力になると考えている人はいなかったと思う」と正直に感じていた胸の内を話した。

「レッズの関係者もそうだし、ファンの方々も陽介さん(柏木陽介選手)の控えともたぶん思っていない。だから、ある意味すごく期待されてない分、やりやすかった。ハードルが低かった。キャンプからやっているうちに「もしかしたら、(試合に)出るかもしれない」と思い始めた。基本的に自信がないので、やれるかどうか分からない。自分にできることをやるしかないと割り切った気持ちで臨んでいた」と本音をみせた。背伸びをしないで自分ができることに全力を注ぎ、割り切った気持ちでプレーをしてきたからこそ今の小泉選手が存在するのだろう。

そんな小泉選手に、川崎に大敗を喫したあたりで柏木陽介選手から「『浦和で闘うことがどういうことか』って気負った感じではなく、『もっとやらなきゃいけない』とか『チームのために』となりすぎないで、『自分が得意なプレー』『楽しむこと』を考えても良いんじゃない」とメッセージをもらったそうだ。

(残り 441文字/全文: 963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ