【サッカー人気3位】「立て続けの主力の移籍を選手はどう感じ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

西野TD「クラブが考える重要補強ポジションで、”獲れたらいいねリスト”の江坂選手が補強できた」【江坂加入会見全文レポ】

西野努 テクニカルダイレクター

本日、江坂選手を浦和レッズに迎い入れることができる報告できることを非常に嬉しく思っています。攻撃的なMFという所で、得点力を上げるために、今いるFWの選手達にもっとたくさんの得点を取ってもらうために必要な選手と、そしてチームの機能としてこの上ない選択肢としての選手だったと思っています。その選手を獲得できましたので、皆様にこうして報告できることを嬉しく思っています。

―江坂選手は複数ポジションも出来ると思うが、どんなポジション、役割を期待しているのか

主にトップ下が一枚なのか二枚なのか、シャドーという言い方もすると思いますし、前線にはっているFWの少し後ろ、中盤のラインよりも少し前、ライン間のポジションで、相手を引き出して、ボックス内に自ら侵入したり、ボックス内の選手にアシストしたり、自らも得点が出来る能力が高い選手なので、自ら得点をしたりと、攻撃面での高いクオリティーを求めています。リカルド監督ともそういった視点で合意をして、江坂選手の獲得をしようと至りました。

―強化部、西野さんの名前がSNSに上がることが非常に多く良い評価をしている方が多いと感じていますが、その点については

今回の獲得についても、日常的にスカウトのスタッフが情報集めをしている中で、出てきた情報、まだ出回っていない情報を素早くキャッチして、それに対して素早い判断。もちろん議論も必要でしたけど、そして、もともとリカルド監督が来た時に、こんな選手が獲れたら良いねというリストがあって、その中には非現実的な選手もいるのですが、こんな選手をリカルドは欲しているんだなということが共有できるためのリストがあって、その中にも江坂選手の名前はありました。ただ、その時は獲れるはずがない環境でしたが、獲れるはずがない選手でも、日常的な情報収集はスカウティングスタッフを中心にしてくれています。その中で、突然取れるかもしれないという情報を得て、出来るだけ早く決断をして、アクションを起こそうということで動きました。そういった意味では個人の力量ではなくて、常々就任した時から思っているのが、強いチームには強いフロント、強化部。日本一を目指すなら日本一のフロントであるべきだし、アジア一だったら、アジア一の株式会社にならないといけない。そういった視点で、選手だけではなくて、監督、コーチ、メディカルスタッフ含めチームスタッフ、フロントを強化することを継続してきたので、そういった所がうまく機能し始めているのではないかと感じています。だれだれがどうというのが分かりやすい伝わり方ですが、僕は組織としてのパフォーマンスの結果が獲得に繋がっていると思っているので、そこはすごく嬉しいと思っています。

(残り 5798文字/全文: 6937文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ