【サッカー人気2位】オーストラリア戦、地域CL組み合わせ、…

浦レポ by 浦和フットボール通信

決定力不足という言葉は当てはまる? 見えている兆しを確たるものに【轡田哲朗レッズレビュー/J27節湘南戦】

(Report by 轡田哲朗)

小泉がスタメン復帰し3トップ型でスタート

浦和レッズは29日のリーグ第27節、湘南ベルマーレ戦に0-0で引き分けた。ルヴァン杯のグループステージでも対戦しているので今季4試合目の顔合わせだったが、0-0で終わったのは3試合目になった。北海道コンサドーレ札幌にもあまり上手い感じの試合運びができずに2試合が終わったが、こういったプレス系の3バックに相性が良くないという評価と結果を払しょくできずに8月が終わった面はあるだろう。

この試合は前節のサンフレッチェ広島戦でそれなりの形を見せた、サイドのところで最終ラインの枚数を調節するような守備システムではなく、通常の4バックで臨んだ。構成に変化があったとすれば中盤から前線で、特に前半は3トップ型の攻守を見せる時間が長かった。結果的にリカルド・ロドリゲス監督は後半に入って「元に戻す」のだけど、1つのオプションとしてバリエーションが増えるのは悪いことではないし、そこまで素晴らしい機能性を見せたとは言い難い前半にも決定機は1つ作った。元に戻した後半にも1つ決定機を逃したので、それを決めていればという見方もできるのだけど、そこは今回の試合から考えるべきテーマであるように思っている。

相手を嫌がらせる立ち位置と、ズバッと縦パスを通す平野

(残り 2810文字/全文: 3362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ