【サッカー人気1位】マジ強い。70分間はJ1最強の「もった…

浦レポ by 浦和フットボール通信

汰木康也「平川コーチがヘディング練習を付き合ってくれた成果が出た」【横浜FC戦後、選手コメント】

汰木康也

―勝利の感想をお願いします。

開幕してからずっとですけど、自分にゴールが欲しいなということが常にあって、今年も遅くなっちゃいましたが、やっと1個取れたなと思います。

―汰木選手は、おそらく山形時代を含めてもヘディングで、リーグ戦に関してはヘディングで決めるのは初めてだった。珍しいということではあると思うんですけど、逆に汰木選手がゴール前に入ってきてヘディングで決められるというのが今年のレッズの一つの特徴を示してるのかなと思いますが

一つは川崎戦ぐらいから前の距離感が本当にいい感じで、プレー出来ているので、外だけじゃなくて自分も中に入ってるシーンも増えてきたので、その流れのシーンだと思います。そこは自分の新しいプレーの幅が広がったと思っています。ここ1ヶ月ぐらい平川コーチがずっとヘディング練習に付き合ってくれて、練習でも一本も入らなかったんですが、ゲームで一本決められたのは自分の中でも大きかったと思います。

(残り 378文字/全文: 787文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ