【サッカー人気4位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

木原励選手入団会見 西野TD「日本人ストライカーを育てたい」

来シーズン、京都橘高校から加入するFW木原励選手の入団会見が京都橘高校にて行われた。

会見の冒頭に、京都橘高校の米澤一成監督は「中学から入ってくる時からバランスの取れる選手でスペース、人を見てサッカーが出来る。技術面、フィジカル面、スピードにおいてオールマイティーな能力がある選手だと思っていました。高校でも1年生からメンバー入りをして試合に絡み、2年生からレギュラー選手として活躍してくれました。高校2年生の夏休みに、チームのために点を取らないといけないという自覚が生まれたと感じています。そこで色々な方に見て頂いて、今回のオファーに繋がったのかと思います。浦和レッズは日本代表を選手が集まるチームなので、そこでセンス、ポテンシャルを磨いてもらえると期待しています」と期待をよせた。

西野TDは「木原選手のように将来、浦和レッズ、日本の将来を担う能力がある可能性がある選手を迎え入れることを嬉しく思っています。来季に向けて、木原選手にがっかりさせないようなチームパフォーマンスにしていきたいと思います。将来の浦和レッズを一緒に作ってもらい、素晴らしいチームにしていきたいと思います」と語った。

木原励選手は「浦和レッズに入団することができてうれしい気持ちと、もっとプロとしての自覚をもたないといけないと思いました。その人たちに感謝したい気持ちとこれからもたくさんの人の感謝をしながらサッカーをしていきたいと思います」と意気込んだ。

―色々な選択肢があった中で京都橘を選んだ想いと、実際にプレーをしてみての想いは

(残り 1657文字/全文: 2309文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ