【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作「試合前に赤いスタンドを見て鳥肌が立った アウェイの地でも心強いサポーターが後ろにいたことが僕のプレーを後押ししてくれた」【天皇杯準々決勝G大阪戦 試合後選手コメント】

西川周作選手

―ナイスクリーンシートだったが、試合全体を振り返って

みんなで立ち上がりと、相手の狙いであるパトリック選手が最初から入っていたので、リーグ戦での経験を今日の試合でいかすことができた。非常にハードワークも出来ましたし、ピンチもありましたが、みんなで身体を張って防ぐところは防いで、しっかりとクリーンシートで終わることができたのは、次に繋がる良い試合だったかと思います。

―リーグ戦では東口選手が浦和のビックチャンスを防いで、彼らからして勝ち点1をもぎ取ったような試合で、この試合は、西川選手が2つ、3つ、ペナルティーエリアのきわどいピンチを防いで勝利を導いたと思うが、ライバル関係も垣間見えたが

(残り 804文字/全文: 1104文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ