【サッカー人気2位】沖縄キャンプ初日午前の部【写真ギャラリ…

浦レポ by 浦和フットボール通信

関根貴大「去る選手たちがいる中で、しっかり引き継いでいかなければならない覚悟と、その気持ちがある選手がどれだけいるのかという不安もある」【横浜FM戦 試合後選手コメント】

関根貴大選手

―インサイドハーフのような立ち位置でのプレーとなりましたが、スタートから長い時間やってみてどういうような状態というか、課題も含めて いかがだったでしょうか。

この試合が初めてだったので、練習で試していた形でしたが、 あまりうまくいってなかったので、ゲームに入ってからも、中の選手同士で話しながら 我慢してやろうということを話してやっていました。その中で、だいぶ押し込まれてしまいましたけど、じれずにやれたことは良かったかと思います。

―このポジションは、ドイツで原口選手が、このポジションでやっていたり、割とウイングをやることの多かった選手が このポジションでやることが世界的に増えてきているんですが、このポジションの中で、自分の良さが生かせると感じるか

守備の所でアグレッシブに行く所はすごい意識をしていました。前に圧力をかけてはめていきたいと思っていました。そもそも後ろに対する守備が得意ではないので、前に前にという重心をかけながらやろうとしていましたが、マリノスがうまかったので、我慢する時間が長い中で、チームとしてはセットプレーで点が獲れたことが多かったかと思います。すごく楽になりました。

(残り 730文字/全文: 1228文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ