【サッカー人気4位】熱を帯びるリカルド監督の“講義” 20…

浦レポ by 浦和フットボール通信

馬渡和彰「このチャレンジをしなかったら、サッカー選手をいつか終えた時に後悔するなと思ったので移籍を決めました」【新加入選手囲み会見】

6 DF 馬渡 和彰

ー徳島以来、リカルド監督と一緒にやることになりますが、心境は

徳島の一年間は自分にとってもとても充実した一年を過ごした中で浦和レッズという素晴らしいクラブでまた再会できて、本当に嬉しく思ってます

ーリカさんから求められていることがあれば教えてください

自分の特徴としては両サイドできるっていうところで試合中のポジションの変更だったり、色々な試合状況に応じて柔軟にポジションを変化していけるところは評価してもらってますし、そういう選手がチームに必要だということは言っていました。また徳島でのような輝き、またはそれ以上の輝きを浦和レッズでは求められる。レッズでは勝つことを求められるからそれ以上の活躍を求められるよと、今朝言われました(笑)。

(残り 949文字/全文: 1272文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ