【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

浦レポ by 浦和フットボール通信

関根貴大がコミュニケーションを図った中で、感じた新加入選手たちの印象は?

(Report by 河合貴子)

新加入の選手たちと積極的にコミュニケーションを図る

浦和が掲げる3年計画の3年目『結実の年』に、「浦和を伝えていく責任がある」と身を引き締めて新加入選手たちと積極的にコミュニケーションを取っている関根貴大選手。始動日には、左サイドで大宮から加入してきた馬渡和彰選手と長年一緒にプレーしてきたかのように、本当に良い距離感で素晴らしい攻撃の組み立てをゲーム形式の練習でみせていた。
「意見をお互いに言い合える関係。その関係性が、最初から取れた。(馬渡選手は)リカルドとも1年やっているので、そういう意味でフィーリングがあった」と馬渡選手のことを嬉しそうに話した。また、同じ浦和の下部組織出身で2年後輩になる横浜FCから移籍した松尾祐介選手については、ユース時代は交流はほとんどなかったそうだが「一緒にサッカーをしたことがなかった。すごい可愛い後輩だったイメージだが、再開してみて「こんなに変わっちゃったんだ」」と松尾選手の変貌に驚いていた。

(残り 438文字/全文: 868文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ