【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

浦レポ by 浦和フットボール通信

犬飼智也がリカルドサッカー順応に自信 チームにもたらせると考えている自信が考える長所とは

(Report by 河合貴子)

同じ静岡出身で好きな選手だった鈴木啓太氏の番号を継承

「タイトルを獲るために移籍してきた」と断言した犬飼智也選手。「良い番号だと思うし、つけてやろう!と思った」と犬飼選手は、新天地の浦和で背番号13番を背負って闘う。「浦和の13番は、鈴木啓太さんのイメージ。同じ静岡出身で賢い選手。インテリジェンスさが出ている選手だな・・・。そういう面でも好きなタイプ」と浦和のレジェンドである鈴木氏の背番号13番を継承すると決意した。

ボランチの鈴木氏とはポジションの違いはあるが、犬飼選手も非常に賢い選手である。リカルド・ロドリゲス監督の求める5レーン理論に基づいたポジショナルプレーは、戦術を理解していくのに時間が掛かる。それを犬飼選手は「面白いなというのが一番にある」と楽しそうに笑った。そして「立ち位置だったり、ボールの持ち方だったり、いろいろと考えることがある中で、うまくなれるチャンスだと感じている。充実感を感じている。もちろん、難しさもあるが当たり前。キャンプを通して考えてプレーするところから、無意識にやっていけるような感じでできれば。サッカーにおいて、ポジションを取るというのは守備でも攻撃でも狙い所。重要な1つ。まずは、チームのやりたいことを、自分が理解することを今はやっている段階。距離感とか立ち位置は監督から言われている。状況によって距離感は変わっていく。やっていくことでチームとして身についていくものだ」と険しい表情を浮かべながらも「選手がこう動いたから、別の選手がこう動くと分かりやすく説明してくれているので、選手が混乱することもなく、それがだんだん染みついてきて考えなくてもお互いが動けるチームになる」と話した。

(残り 991文字/全文: 1717文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ