【サッカー人気5位】戦い方はハマる相手。難攻不落のサークル…

浦レポ by 浦和フットボール通信

江坂任がリーグ優勝のために求められる得点力向上に「攻撃での違いを見せる」と自信

(Report by 河合貴子)

得点、アシストでチームを勝たせる選手に

「『江坂がいたから、今日は勝てたよね!』というようなプレーが一番できればな・・・」と江坂任選手は目を輝かせた。今シーズン、江坂選手がこだわっていきたいのは得点だ。自身の得点はもちろんだが、アシストやその1つ前の攻撃の起点になることであった。

「自分には、得点を獲ることを求められているし、得点を獲らせることを求められている。そこは、今年も意識してやっていきたい。自分が得点を獲れれば、それに越したことはないが、チームが得点を獲るために良い選択して勝てれば一番良い」と気合いを入れた。

2021シーズンを18勝9分け11敗と6位で終わった浦和は、得点は45点、失点は38点であった。ちなみリーグ制覇した川崎は、得点は81点、失点はリーグ最少失点の28点だ。昨シーズンのリーグ最高得点を誇ったのは、川崎よりわずか1得点多い82点の横浜FMであった。

今シーズン、Jリーグ優勝を最優先に掲げた浦和だけに、得点力をあげなければならないことを江坂選手は感じていたのだ。

(残り 899文字/全文: 1358文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ