【サッカー人気2位】旅の途中、それが積み重ねの一部なのか予…

浦レポ by 浦和フットボール通信

平野佑一「形自体は前に入っていくボールの流れはスムーズだと思うので、一個、何か入ればいけると信じてやっていくしかない」【広島戦後 選手コメント】

平野佑一 選手

ー今日は後ろから組み立てに入りながら、ディフェンスラインに出入りしながらプレーしていたと思いますが、プレーのスピードで、前に縦に早い選手がいる中で、どう攻撃に厚みを持たせていくかということに関して意識していたことがあれば教えてください

個々で仕掛けられる選手が多いので、いかに1対1の状況が作れるかだったり、後ろ向きのプレーというよりはフィフティーフィフティーだったらボールをつけたり、なるべくボールを前に運ぶことを意識していました。そこから前の選手の判断でそのまま縦に早くするのか、一回、作り直す所まではコントロール出来ていなかったので、そこは次への改善点かと思います。

ー平野選手はACLから試合に出始めましたが、5試合連続引き分けていて、得点失点も少ない、ポジティブであり、ネガティブであると思うのですが、そういう中でより点が獲れて、点が獲られないようにしていくためには、何が必要だと思いますが。

(残り 1022文字/全文: 1427文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ