浦レポ by 浦和フットボール通信

岩尾憲「久しぶりのスタメンで後悔をしないようにプレーをしようという気持ちでピッチに立った」【鹿島戦後 選手コメント】

岩尾憲 選手

―久しぶりのスタメンということで、監督から何か言われたことであったり、個人的に意識してことはあったか

言われたことは戦術的な確認ぐらいでした。意識したことは、自分が出られない間、平野選手が非常に素晴らしいパフォーマンスをしていたのを目にしていたので、彼から学ぶ所もたくさんありますし、自分自身の未熟さも含めて、精神的にもコンディション的にも自分に矢印を向けて、もう一度地に足をつけて進んでいかないといけないというマインドで、出られていない時間を過ごしたんですけど、今回スタメンで使っていただけるということで、自分自身が準備してきたことを含めて後悔をしないようにプレーをしようという気持ちでピッチに立ちました。

―ホーム3連戦を終えて、ACLをはさんで7試合連続の引き分けが続いているということで、率直に勝利するために何が必要だと考えるか。

(残り 1246文字/全文: 1618文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ