浦レポ by 浦和フットボール通信

レネ・ヴァイラー監督「エキサイティングな良い試合になった 決めきる所が重要になってくる」【鹿島戦後 監督コメント】

レネ・ヴァイラー監督

良い試合になったかと思うのが率直な感想で、足を運んできてくれた方にとってもエキサイティングな試合になったのかなと思っています。前半の所で得点チャンスを多く作ることができた。繰り返し、チャンスを作れたことに関しては価値があったかと思いますが、後半入る前にアンラッキーな形で失点をしてしまいましたが、後半に入ってもチャンスを多く作れている中で、後半の最後に、浦和さんにとっても2つチャンスがあったので、お互い良い勝ち点1になったのではないかと思います。

―勝ち点1を奪えたことはよかったと思いますが、勝ち切れなかったという所をどう評価しているか。また交代枠を2つ残したまま試合を終えた意図を教えてください。

(残り 582文字/全文: 892文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ