浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督が台頭を評価している若手選手とは

(Report by 河合貴子)

さまざまな組み合わせを試す

『コンセプトのリマインド』をテーマに、ピッチの中での共通意識を深めチームの連動性を高めて、リーグ再開からの上位進出を図る。インターナショナル・マッチ・ウィークの中断期間は、浦和にとっては本当に貴重な時間となっている。

リカルド・ロドリゲス監督は「今までの状況でメンバーをある程度、固定することもできませんでしたので、選手の組み合わせも見ている」と試行錯誤していた。あうんの呼吸のコンビネーションを確立させる手っ取り早い方法は、メンバーを固定させることである。だが、それは1つ歯車を変えると途端に停滞してしまう。できれば、ある程度メンバーを固定させつつ、歯車を変えても選手の個性を生かしつつ違った攻撃のリズムを作り出すコンビネーションプレーができるようになることが好ましい。

(残り 884文字/全文: 1246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ