浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督「名古屋戦が良い試合だっただけに危険だという話をしていた 本当に細かいディティールの所でやられてしまった」【天皇杯3回戦群馬戦後 監督コメント】

リカルド・ロドリゲス監督

今日の試合は、良く起こったりする試合だったと思います。本当に一つのディティールがすべての結果を左右する。そういった大会ですが、本当にそのこの細かい所でやられてしまったと思っています。一本のシュートが決まってしまって、それが我々が敗退する理由になったと思います。

ゴールをこじあけるのが難しい展開が続いていて、相手に先制点を許してから、それがさらに相手が固く強固になり、難しい状況になってしまったと思います。その中でも後半に関しては決定的なチャンスを作れて、ポストやバーに当たるシーンもありましたし、その他のチャンスもありました。その中で人も入れ替えながら、フレッシュな選手も入れながら、自分達の狙いとしている所を、うまく進めていた所はありましたが、そのうまくいっている時間帯もあって、選手達も段々、自信を掴んでいる所で、最後の最後までこじ開けることが出来なかったと思います。

(残り 1068文字/全文: 1466文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ