浦レポ by 浦和フットボール通信

江坂任「相手を引きつけて背後を狙う所だったが、先制をされてあれだけ引かれると厳しかった」【天皇杯3回戦群馬戦後 選手コメント】

江坂任選手

ー前後半ともボールを持つ時間が長くて、前半はどちらかと相手の前で持つ感じで、後半は背後を狙いに行ってちょっと最後はあい切らない感じだったかなと思いますが、点を取る取らないの所で、やっていてどういう所を感じられましたでしょうか?

相手が6バッグ気味に守ってきていたので、相手の前で回す時間が前半は長かったですけど、後半はクロスに入っていく所と、背後の所で相手を引きつけて狙う所だったので、そこを狙いましたけど、やっぱり先制されて、あれだけ引かれると難しかったので、先制点の所が痛かったと思います。

(残り 245文字/全文: 496文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ