浦レポ by 浦和フットボール通信

江坂任「ゴールに向かう回数が少ないので、去年良かった部分をもう少し融合できるようにしたい」【G大阪戦後 選手コメント】

江坂任選手

ー前半はなかなか良い形が作れなかったが

継続してやり続けるというよりは、もう少し相手を見て空いているスペースを突くサッカーに変えないと、自分達がやりたいことだけでは勝てないので、それはありますけど、中で相手の状況を見て、やり方を前半はもう少し変えられたら良かった。外からの情報がないなら自分たちで修正するしかないので、そこは選手達で変えられたら良かったです。

―後半は江坂選手も前を向けて、トップ下みたいな形から江坂選手も得意な形があったと思うが、最後一個ワンツーが合えばとか、惜しい所まできている感じもあるが

(残り 828文字/全文: 1086文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ