ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム1部HCMC、三浦俊也監督の後任は韓国人のチョン・ヘソン氏

ベトナム1部ホーチミン・シティ(HCMC)はこのほど、韓国人のチョン・ヘソン氏(60歳)を来季の監督に迎えることを明らかにした。契約期間は1年。同氏は先日、同1部ホアン・アイン・ザライ(HAGL)のテクニカルダイレクター(TD)を解任になったばかり。

三浦俊也監督の後任に決まったチョン・ヘソン氏

チョン・ヘソン氏は、2002年の日韓ワールドカップに出場したフース・ヒディング政権下の韓国代表で、コーチを務めていた人物であり、同じく韓国代表のヘッドコーチだった、現ベトナム代表監督(U-23兼任)のパク・ハンソ監督とは、かつての同僚という間柄。

(残り 299文字/全文: 635文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック