【サッカーパック人気4位】 【アビスパ’s Voice】「モチベーションは高い。整理して、準備して…

ベトナムフットボールダイジェスト+

AFC U-23選手権予選、ベトナムが宿敵タイに4発圧勝でグループ首位突破

ベトナムの首都ハノイ市で開催されたAFC U-23選手権2020予選(兼東京オリンピック1次予選)グループKは3月26日に最終節が行われ、ホームのU-23ベトナム代表がU-23タイ代表を4-0で下して3戦全勝。同組首位に浮上して、見事に本大会出場権を獲得した。東京五輪の最終予選を兼ねた本大会は、2020年にタイで開催される。

ベトナムとタイはここまで2連勝でともに勝ち点6、得失点差でタイが1位、ベトナムが2位という状況。しかし、本大会開催国で成績に関係なく出場権を持つタイに対し、ベトナムは自力で予選突破を決めるために、何としても勝って逆転で首位に立ちたい試合。※2位でも突破の可能性はあるが、他組の結果次第。

序盤は互いに相手の出方をうかがいながらの展開。立ち上がりタイにチャンスを作られたが、シュートの精度に欠き、ベトナムは事なきを得る。ここから徐々にベトナムがプレスを強めて主導権を握ると、17分にDFドアン・バン・ハウのスルーパスに反応したFWハー・ドゥック・チンが上手く抜け出してシュート。これが決まってベトナムが早い時間帯に先制する。前半も終わりに近づくと、ベトナムは戦術を得意の堅守速攻に変更。この結果、ボールはタイに握られたが、ほぼチャンスらしいチャンスを与えることもなく、前半を1-0で折り返す。

後半に入ると、再びベトナムが立ち上がりから攻勢を仕掛ける。52分には、MFグエン・クアン・ハイがドリブル突破でペナルティエリア内に侵入すると、相手DFを引き付けてから逆サイドにクロス。これをFWグエン・ホアン・ドゥックがダイレクトで決めてベトナムが追加点。

まさかの展開に焦りと苛立ちが見えるタイは、FWスパチャイがDFチャン・ディン・チョンに対する肘打ちでレッドカード。残り時間がたっぷりある中で数的優位に立ったベトナムはここから攻撃の手を強めると、63分には、セットプレーのこぼれ球をDFグエン・タイン・チュンが押し込んでダメ押しの3点目。意気消沈したタイを一方的に攻め立てるベトナムは終盤、途中出場のMFチャン・タイン・ソンが4点目。終わってみれば、前評判が高かったベトナムが大量4得点でタイを圧倒して3連勝。勝ち点を9に伸ばして同組首位に浮上し、グループ首位で予選突破を決めた。ベトナムは同予選を無失点で終えている。

なお、同日行われたグループKのもう一試合では、ともに2連敗で敗退が決まっているU-23インドネシア代表とU-23ブルネイ代表が対戦。試合は格上のはずのインドネシアがよもやの苦戦を強いられて2-1の辛勝。敗れたブルネイは終盤にPKのチャンスを決めて、今大会初得点を記録した。

 同予選でのベトナム代表の戦績
ベトナム 6-0 ブルネイ
ベトナム 1-0 インドネシア
ベトナム 4-0 タイ

1位ベトナム 3勝0敗0分 勝ち点9 得失点差+11 ※本大会出場
2位タイ 2勝1敗 勝ち点6 得失点差+8 ※本大会開催国
3位インドネシア 1勝2敗0分 勝ち点3 得失点差-4
4位ブルネイ 0勝3敗0分 勝ち点0 得失点差-15

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック