今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナムの韋駄天ストライカー、最高時速35.49kmは世界3位

Vリーグ2019第5節のタンクアンニン戦で2ゴールを挙げて、ホアン・アイン・ザライ(HAGL)の勝利(3-2)に貢献したベトナム代表FWグエン・バン・トアン(23歳)。その二つのゴールはいずれも自慢のスピードを活かしたものだった。地元メディアの分析によると、この日、ゴールを決めたときのスピードは時速35㎞を超えていた。これは世界3位のスピードということになる。

(残り 565文字/全文: 746文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック