別視点の川崎vsチェルシー、広島FW状況、詳細な山形レビュー『ひぐらしひなつオススメ3本』(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2019第6節、好調SLNAが敵地でダナンに2発快勝、暫定2位に浮上

Vリーグ2019は4月19日に第6節、SHBダナンとソンラム・ゲアン(SLNA)の試合が行われ、アウェイのSLNAが2-0で勝利した。2連勝のSLNAは勝ち点を13に伸ばして暫定2位に浮上。SHBダナンは再三のチャンスを活かせずにホームで痛い黒星。これでダナンは開幕節の勝利以来、5試合連続で白星がない状態が続いている。

SLNAは立ち上がりに相手の守備の連係ミスを突いてチャンスを迎えるが、攻撃陣が決めきれない。冷や汗をかいたダナンだったが、ここから集中力を高めて主導権を握り、左サイドのMFグエン・タイン・ハイを起点にSLNAゴールに迫る。 しかし、フィニッシュの精度がいまいちで、ゴールが遠い展開。前半終了間際のFWドー・メルロのヘディングもバーをたたいて、前半は互いに無得点で折り返す。

後半もホームのダナンがボールを支配したが、SLNAは元ベトナム代表の守護神チャン・グエン・マインを中心とした守備陣が高い集中力を見せてゴール前を死守。圧倒的に攻めながらもゴールが奪えないダナンに対し、SLNAは68分に鋭いカウンターから最後は元ナイジェリア代表FWオラハが決めて先制。焦りが見えるダナンを尻目に、SLNAは試合終了間際に再びカウンターが炸裂。これが相手守備陣のミスを誘い、最後はMFグエン・クアン・ティンが落ち着いて決めて追加点。試合はこのままSLNAが2-0で快勝。今季好調のSLNAが他の上位陣にプレッシャーをかける白星を挙げて、暫定2位に浮上した。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック