【サッカー人気3位】「(天野純は)マリノスにタイトルをもた…

ベトナムフットボールダイジェスト+

U-19ベトナム女子代表、中国遠征2戦目は南アフリカに3発快勝

中国福建省で開催中の国際親善大会に参戦しているU-19ベトナム女子代表は、5月8日に行われた今大会2試合目でU-19南アフリカ女子代表と対戦して3-0で快勝し初白星を挙げた。

初戦で開催国の中国に0-4で大敗したベトナムは、2試合目でスタメンを一部変更してきた。初戦に続いて、またしても雨天の中での試合となったが、この日はそれほど気温が下がらなかった。ベトナムの選手たちも気候に慣れ始めたため、初戦よりも動きの軽さが目立った。

ベトナムはフィジカルで勝る南アフリカを恐れず、テクニックだけでなく球際での強さも見せて序盤から主導権を握った。12分には細かいパス回しで中央を崩すと、FWグエン・ティ・トゥエット・ガンが先制ゴール。25分にはPKのチャンスからDFファム・ティ・ラン・アインが追加点を決めて、2-0で前半を折り返す。

後半も流れは変わらずベトナムのペース。53分にはベトナムが相手の右サイドを深くえぐって決定機を作ると、最後はグエン・ティ・トゥエット・ガンがこの日2点目のゴールを決めて、南アフリカを突き放す。結局、試合はこのままホイッスルが鳴り、ベトナムが3-0の大勝で、今大会初白星を挙げた。なお、ベトナムは5月10日に行われる今大会最終試合で宿敵タイと対戦する。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック