プロ野球ファンがユニホームを来て野津田に大集合(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

AFC U-19選手権2020予選、ベトナムは日本、モンゴルなどと同組

アジアサッカー連盟(AFC)は5月9日にAFC U-19選手権2020予選の組み合わせ抽選会を開催した。この結果、ベトナムは日本、モンゴル、グアムと同じグループJに入った。同組の試合はベトナムで11月2日から10日の日程で行われる。

同予選には、アジア46か国・地域のU-19代表チームがエントリーし、地区毎に分かれてグループリーグを戦う。このうち、西地区は6組(25チーム)、東地区は5組(21チーム)に分かれてグループリーグを実施。グループリーグの結果で、各組首位と2位のうち成績上位の4チーム(開催国含まず)が来年の本大会出場権を獲得する。

本大会は2020年の開催で、予選は前年となるため、出場選手の年齢は18歳以下。U-18ベトナム代表は5月末にキャンプを開始する予定で、8月5日から18日に自国開催するAFF U-18選手権2019に出場する。

AFF U-18選手権のグループリーグで、ベトナムはマレーシア(前回王者)、タイ(最多5回優勝)、オーストラリア(4回優勝)、シンガポール、カンボジアと同じ強豪ぞろいのグループAに入っている。なお、グループBはミャンマー、インドネシア、ラオス、東ティモール、フィリピン、ブルネイという組合せ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック