今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

ベトナム2部フードンFC、レ・ドゥック・トゥアン監督が辞任

ベトナム2部フードンFCはこのほど、レ・ドゥック・トゥアン監督が辞任することを明らかにした。今季2部初昇格を果たしたフードンは、第7節を終えた現時点で唯一白星がなく、最下位に沈んでいた。同監督は第4節を終えた時点で既にクラブに辞任に意向を伝えていたという。

・ドゥック・トゥアン氏は2015シーズン終了後、長くプレーしてきたFLCタインホアで現役を引退。その後、指導者に転身して、設立間もないフードンFCの監督に就任。以来4年にわたりフードンの監督を務めて、3部、2部と順調にクラブをステップアップさせてきた。

なお、フードンFCは後任にグエン・チュン・キエン氏を新監督に任命した。キエン氏は、現役時代にナムディンFCでミッドフィルダーとしてプレー。引退後は同クラブでコーチを務めていた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック