ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2019第12節、HCMCが今季2敗目も前期王者の座が確定

Vリーグ2019は5月30日と31日に第12節の試合が各地で行われた。今節では首位を走るホーチミン・シティ(HCMC)がアウェイでSHBダナンに0-2に敗れた。HCMCは、カメルーン人CBエパシとパレスチナ代表FWマティアスの主力2人が怪我で欠場。それでも前半はHCMCの堅守速攻の戦術がうまく機能したが、後半にコーナーキックから失点。さらに終盤にカウンターで追加点を許し0-2での敗れて今季2戦目を喫した。

首位を追う昨季の王者ハノイFCは、敵地でホアン・アイン・ザライ(HAGL)と対戦。ベトナム代表選手を多く擁する両チームの試合は激しい点の取り合いとなることが多いが、今回の対戦では両チーム決定機を活かせずスコアレスドローに終わった。今節の結果で首位HCMCと2位ハノイの勝ち点差が4となったので、残り1試合を残してHCMCがシーズンを首位で折り返すことが確定した。

第12節の結果は以下の通り。

タインホア 3-2 ナムディン
SHBダナン 2-0 HCMC
ベトテル 3-3 タンクアンニン
ビンズオン 1-0 サンナ・カインホア
ハイフォン 0-3 クアンナム
HAGL 0-0 ハノイ
サイゴン 2-2 SLNA

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック