今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2第9節、優勝候補本命ハティンが首位浮上、上位陣は三つ巴に

ベトナム2部ディヴィジョン1(Vリーグ2)は6月1日と2日に第9節の試合が各地で行われた。今節では、首位ビンフオックがダクラクに敵地で0-2の敗戦。この間に2位ホンリン・ハティンがホームでXSKTカントーに2-0で勝利したため、優勝候補筆頭のハティンがビンフオックを勝ち点1差で上回って、首位に浮上した。

この他の会場では、フエFCがホームでアンザンFC相手に5-0の大勝。今季のディヴィジョン1では、最多得点となった。この勝利でフエは4位に浮上している。虎視眈々と首位を狙う3位フォーヒエンFCもドンタップFCに1-0できっちり勝利。ディヴィジョン1は、ハティン、ビンフオック、フォーヒエンの三つ巴の様相を呈してきた。

第9節の結果は以下の通り。

ダクラク 2-0 ビンフオック
タイニン 1-2 ビンディン
フォーヒエン 1-0 ドンタップ
フエ 5-0 アンザン
ハティン 2-0 カントー
ロンアン 1-1 フードン

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック