【サッカーパック人気4位】 【カワサキうぉっち】上位対決の熱戦の多摩川クラシコで”完勝”のフロンタ…

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2019第13節、大躍進HCMCが首位でシーズン折り返し

Vリーグ2019は6月16日に第13節の試合が各地で行われた。シーズン折り返しとなる今節では、首位ホーチミン・シティ(HCMC)がホームでタインホアFCと対戦。HCMCは相変わらずの粘り強い試合運びを見せて、押し込まれながらもスコアレスドロー。勝ち点1を追加してシーズン前期王者に輝いた。なお、この試合はベトナム代表のパク・ハンソ監督がお忍びで視察していた。

首位HCMCを追う昨季王者ハノイFCは、国内リーグとベトナム代表の試合で疲弊している司令塔のMFグエン・クアン・ハイをベンチに温存したが、選手層の厚さの違いを見せつけて、ホームでサイゴンFCに2-0で快勝。HCMCとの勝ち点差を2に縮めて、首位の背中を捉えた。

人気クラブ同士の対決となったソンラム・ゲアン(SLNA)とホアン・アイン・ザライ(HAGL)の一戦は、終盤にホームのSLNAが立て続けにゴールを奪って3-0で勝利して上位争いに踏みとどまった。敗れたHAGLは、ずるずると順位を下げて10位まで後退した。HAGLはベトナム代表を多く擁する人気クラブだが、この3~4年は特に守備が脆く、毎年残留争いをしている。

好調タンクアニンは、こちらも終盤のゴールラッシュにより、ホームでハイフォンFCとの打ち合いを4-2で制した。Vリーグ2019はシーズン折り返しの第13節を終えて、まさかの大躍進を遂げたHCMC(勝ち点27)が首位、これを僅差でハノイFC(同25)が追う展開。3位以下はかなり混戦で、3位タンクアンニン(同21)から8位SHBダナン(同18)までが勝ち点3差の中にひしめき合っている。

 第13節の結果は以下の通り。

クアンナムFC 1-2 ベカメックス・ビンズオン
ハノイFC 2-0 サイゴンFC
ナムディンFC 2-1 SHBダナン
ホーチミン・シティ 0-0 タインホアFC
ソンラム・ゲアン 3-0 ホアン・アイン・ザライ
サンナ・カインホアBVN 0-1 ベトテルFC
タンクアンニン 4-2 ハイフォンFC

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック