田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

孤児院サッカースクールがホーチミンで9月開校、孤児20人に日本語で指導

ベトナム在住の日本人児童向けサッカースクール「ADVANCE FOOTBALL CLUB」とベトナムの慈善団体である「5 GIO SANG」は、ホーチミン市で9月に孤児院に通う児童を対象としたサッカースクールを開校する。同スクールは、サッカーを通した「国際交流」、「孤児支援」、「ベトナムへの還元」を目的としたもの。

ホーチミン市内にある22か所の孤児院には現在、5歳から18歳までの児童が生活しており、日中は学校に通い、放課後は仕事をしながら生活している。同スクールでは、こうした孤児院の児童を対象に、サッカーへの関心および本人の性格を考慮した上で、約20名の児童に日本語での指導を行う。

同スクールは、毎週末のトレーニングに加え、ADVANCE FOOTBALL CLUBが企画運営を担当し、ベトナム、タイ、中国の日系チームやベトナム国内のベトナム系、ブラジル系、韓国系チームも参加するサッカーの国際親善大会「KIDS ASIA CUP」への参加を目標とする。同スクールの様子はADVANCE FOOTBALL CLUB のFacebookやInstagramで配信予定。

ADVANCE FOOTBALL CLUB
会社所在地: 25bis, Nguyen Van Thu, Dist1,HCMC
担当者:三木(0903627181)
email:advancefc.hcm@gmail.com

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック