タグ祭り!ライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2019第15節、ハノイが最下位カインホアに痛恨ドロー、HCMCが首位再浮上

Vリーグ2019は第15節の試合が7月12日と13日に各地で開催された。今節では、熾烈な首位争いを続けるホーチミン・シティ(HCMC)が難敵ベカメックス・ビンズオンをホームに迎えて2-0の快勝を収めて勝ち点を30に伸ばした。この試合では、新加入の外国人助っ人であるFWアキナデとFWマンサレーが活躍。守備陣も無失点で切り抜けて、今季の勝負強いHCMCを象徴するような試合だった。

前節の結果で首位に浮上した昨季王者ハノイFCはホームで最下位サンナ・カインホアと対戦。相手のオウンゴールで先制したハノイだったが、この試合では攻守の連動がややかみ合っていない印象。結局、終了間際に同点被弾を受けて2-2に追いつかれ、痛恨のドロー。今節の結果でHCMCが勝ち点1差でハノイを上回り、再び首位の座を奪還した。南北2強の争いはしばらく続きそうだ。

この他の会場では、国民的人気クラブのホアン・アイン・ザライ(HAGL)が敵地で好調タンクアンニンと対戦。試合は、タンクアンニンが効率的に得点を重ねて3-0で大勝。タンクアンニンは勝ち点25で3位をキープ。敗れたHAGLは残留プレーオフ圏の13位にまで後退した。HAGLは多くの代表選手を抱えながら、好不調の波が激しく、終わってみれば毎年残留争いを強いられており、今年も相変わらず下位に低迷している。

上位勢同士の対決となったタインホアFCとソンラム・ゲアン(SLNA)の一戦は、ホームのタインホアが2-0で勝利。この結果でタインホアは4位に浮上、SLNAは5位に後退した。

第15節の結果は以下の通り。

タインホア 2-0 SLNA
ナムディン 2-0 ベトテル
クアンナム 3-1 サイゴン
HCMC 2-0 ビンズオン
SHBダナン 1-1 ハイフォン
タンクアンニン 3-0 HAGL
ハノイ 2-2 サンナ・カインホア

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック