田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ第16節、HCMCがダナンに競り勝ち首位キープ、2位ハノイはホームで痛いドロー

Vリーグ2019は7月16日と17日に第16節の試合が各地で行われた。今節では、首位ホーチミン・シティ(HCMC)がSHBダナンに3-2で競り勝って勝ち点を33に伸ばした。なお、この試合はHCMCのホームであるトンニャット・スタジアムが陸上選手権で使用していたため、近隣の東南部バリア・ブンタウ省のブンタウ・スタジアムで開催された。

今節で最も注目されたハノイFCとホアン・アイン・ザライ(HAGL)の試合は、後半アディショナルタイムにベトナム代表MFグエン・バン・トアンが値千金の同点ゴールを決めて、HAGLが土壇場で1-1の同点に追いついた。ハノイにとってはホームで痛いドローとなり、首位HCMCの背中がやや遠のいた。残留争いを続けるHAGLにとっては敵地での貴重な勝ち点1となった。この2チームには、ベトナム代表選手が多く、人気の面でもベトナムサッカー界をリードする存在。但し、ハノイが毎年優勝争いを演じるのに対し、HAGLは毎年残留争いを強いられている。

また、最下位サンナ・カインホアはホームでベカメックス・ビンズオンを迎え撃ち、エースのFWユースフ・トゥーレのゴールにより1-0で勝利。不振にあえぐサンナ・カインホアはこれが今季3勝目。13位HAGLとの勝ち点差を3に縮めて残留に望みを繋げる大きな1勝となった。

第16節の結果は以下の通り。

SLNA 2-2 サイゴン
カインホア 1-0 ビンズオン
HCMC 3-2 SHBダナン
ナムディン 4-2 タインホア
クアンナム 1-2 ハイフォン
タンクアンニン 1-0 ベトテル
ハノイ 1-1 HAGL

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック