監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2第16節、首位ハティンが4連勝で独走態勢突入

ディヴィジョン1(Vリーグ2)は8月2日から4日にかけて第16節の試合が各地で行われた。今節では、首位ホンリン・ハティンが敵地でドンタップFCに4-2で勝利して4連勝。このほかの上位陣では、ビンフオックFCが敵地でロンアンFCに0-1で敗戦、フォーヒエンFCは最下位フ―ドンFCに2-0で勝利。今節の結果、ハティンと2位フ―ドン、3位ビンフオックの勝ち点差は8に広がり、優勝候補の大本命ハティンが独走態勢に入った。

第16節の結果は以下の通り。

タイニン 3-1 カントー
ダクラク 1-2 アンザン
フォーヒエン 2-0 フードン
ドンタップ 2-4 ハティン
ビンディン 3-2 フエ
ロンアン 1-0 ビンフオック

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック