都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

U-22ベトナム代表、香港キッチーSCとの親善試合は2-0勝利

年末に開催される東南アジア競技大会(SEA Games)に向けて準備中のU-22ベトナム代表はハノイ市で、8月14日に香港のキッチーSCと親善試合を行った。試合はオーストラリア出身の新鋭マーティン・ローなどの活躍もあり、U-22ベトナム代表2-0で勝利した。

ベトナムの選手たちはメンバー生き残りをかけてアピール。パク・ハンソ監督は今回の短期キャンプで招集した19人のメンバーのうち、怪我で離脱したDFグエン・チョン・フンを除く全員を前後半に分けてピッチに送り出した。

U-22ベトナム代表は、7人もの外国人選手を起用したキッチー相手に序盤から主導権を握った。前半はゴールが奪えなかったベトナムだが、63分にマーティン・ローがPKを決めて先制。79分には、次世代のセンターフォワードとして期待されるチャン・ザイン・チュンの技ありシュートで追加点。試合はこのままU-22ベトナム代表が、新シーズンに向けて準備を始めたばかりのキッチー相手に2-0で快勝した。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック