都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

Vリーグ2第18節、首位ハティンが怒涛の6連勝で1部昇格に王手

ディヴィジョン1(Vリーグ2)は8月16日から18日にかけて第18節の試合が各地で行われた。今節では、首位ホンリン・ハティンがホームで最下位フ―ドンFCを3-0で下して、怒涛の6連勝で勝ち点を44に伸ばした。2位フォーヒエンFCは敵地でフィコ・タイニンに0-2で敗戦。今季は残り4試合で1位と2位の勝ち点差は11まで開いており、ハティンが優勝に王手をかけている。

一方、今節ハティンに敗れた最下位フ―ドン(勝ち点9)は、11位ビンディン(同17)との勝ち点差が8となっており、ここから降格圏を脱出するのは至難の業。好調ロンアンFCはフエFCを5-1で下して4連勝となった。

優勝と降格チームがほぼ決まった現在、今季のディヴィジョン1の見どころは残すところ、1部昇格プレーオフの出場権をかけたフォーヒエン(勝ち点33)とビンフオック(同31)の2位争いだけとなった。

第18節の結果は以下の通り。

ダクラク 1-1 ビンディン
ハティン 3-0 フ―ドン
アンザン 1-1 カントー
ドンタップ 1-1 ビンフオック
タイニン 2-0 フォーヒエン
ロンアン 5-1 フエ

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック