都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

ベトナムフットボールダイジェスト+

AFF女子選手権2019、ベトナムがミャンマーに4発快勝、3連勝で準決勝進出

タイで開催中のAFF女子選手権2019は8月20日にグループBの最終節が行われ、優勝候補のベトナム代表がミャンマー代表に4-0で勝利し、開幕3連勝で同組首位突破を決めた。

ともに2連勝のベトナムとミャンマーは準決勝進出が決まっており、得失点差で上回るベトナムは引き分け以上で首位が確定する試合だった。序盤から主導権を握ったベトナムは立ち上がりの決定機を何度か逃したものの、13分にFWファム・ハイ・イエンの3試合連続ゴールで先制。その後も、やや攻めあぐねたが、43分に追加点を決めて前半を2点リードで折り返す。

後半も流れは変わらずベトナムのペースで進み、60分と64分にFWファム・ハイ・イエンとMFグエン・ティ・トゥエット・ズンが追加点を決めてベトナムが4-0で快勝した。これでベトナムは無傷の3連勝。得点21、失点0と他国との力の差を見せつけての準決勝進出となった。

なお、マイ・ドゥック・チュン監督率いるベトナム代表は8月25日に行われる準決勝でグループA2位のチームと対戦する。対戦相手はかなりの高い確率でフィリピン代表になると見られている。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック