【サッカーパック人気5位】 【J1第31節分析レポート① 鹿島0-2川崎】鹿島のお株を奪う勝ち方。…

ベトナムフットボールダイジェスト+

AFC U-19女子選手権に臨むベトナムの井尻監督、「1勝1敗1分が目標。開催国タイとの初戦で勝利を」

U-19ベトナム女子代表の井尻明監督は10月21日、AFC U-19女子選手権2019(兼2020 FIFA U-20女子ワールドカップ予選)に向けた最終登録メンバー23人のリストを発表した。招集メンバーのうち、負傷しているGKチャン・ティ・ゴック・アイン(ベトナム炭鉱産)とDFファム・ティ・ラン・アイン(ハノイ)の2人が落選。U-19ベトナム女子代表は10月24日に決戦の地であるタイ・チョンブリに向けて出発する。

U-19ベトナム女子代表はこれに先立ち、同大会に向けた準備として10月上旬にミャンマー遠征を実施。U-19ミャンマー女子代表と2試合のトレーニングマッチを行い、1勝1分(1-0、2-2)という結果だった。

AFC U-19女子選手権2019は10月27日から11月9日の日程でタイ・チョンブリで開催される。ベトナムはグループリーグで、北朝鮮、オーストラリア、そして開催国タイと同組になっており、非常に厳しいグループに入っている。

井尻監督は大会の展望について「ベトナムの目標は1勝1敗1分。初戦のタイ戦が非常に重要で、ベトナムが先に進むためには、この試合での勝利が絶対に必要になる。フィジカルとスピードに秀でたオーストラリアとの対戦では、引き分けに持ち込める可能性はある。優勝候補の北朝鮮との試合でも大敗しないために全力で戦わなければならない。」と語った。。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック